シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自転車 ( 7 ) タグの人気記事


2008年 05月 29日

Pescadero & San Gregorio Loop

三連休の最終日はHalf Moon Bayを南に下ったPescaderoという町周辺をサイクリング。
コースは例によりこの本から選ぶ。

Bay Area Biking (Moon Outdoors)
Ann Marie Brown / / Avalon Travel Pub
スコア選択: ★★★★★


本の中で「In the small town of Pescadero, .... two markets sell fresh-baked breads」と書かれていたので、「途中においしいベーカリーがあるらしいよ」という言葉で奥さんを釣る。

ただし、今回はカメラを忘れてしまったので写真がありません。

駐車場は本に書いてある通りSan Gregorio State Beachの駐車場に停めたのですが、6ドルもします。バーベキューとか海遊びをする家族連れが多かったけど、我々は走っている間だけ停めるのでちょっともったいない。と思ってたら、すぐ近くに駐車スペースがあったので、次回からここでいいかも。

前半はCA-1号線をひたすら南下しますが、路肩が狭いので、朝早く出発して交通量が少ない時間帯に走るのが良いです。
12.5mile走ってGazos Rdの分岐に来るまでお店がありませんので注意。分岐にはGazos Grillというレストランが1件だけあります。
ここから田舎道に入って折り返しますが、Butano State Parkを通ってPescaderoまでの間は高低差が少なく、交通量も皆無で超快走ルートです。

Pescaderoはレストラン1軒、売店2軒だけの小さな町。でも、本に書いてあった通り、ここのベーカリーで買ったアップルパイとアーティチョーク入りのパンは絶品でした。間違いなくアメリカで一番おいしいです。

Norms Market, Pescadero CA
場所はここ

次回はカメラを忘れないようにしなくては。かなりお気に入りなコース。

距離:28.7 mile
標高差: 1200 ft
走行時間:5時間(ランチ、休憩含む)
[PR]

by k_sobue | 2008-05-29 12:13 | 自転車オンロード
2008年 05月 24日

アメリカで買えないもの

日本の友人からこんな質問がありました。
「アメリカに転勤する人に餞別であげるのによいプレゼントは?」

即答したのは携帯ウォシュレット。
これさえあればアメリカ生活も快適です。

TOTO トラベルウォシュレット 携帯用おしり洗浄器 ブルー YEW300#B
/ TOTO
ISBN : B0000C99CU
スコア選択:

さて、自転車用品でもアメリカで買えないものが2つあります。

1つ目はチューブの口金の変換アダプタ
自転車のチューブの口金には3種類の規格があります。
・英式バルブ 別名:ウッズ
・仏式バルブ 別名:プレスタ
・米式バルブ 別名:シュレーダー

日本の一般車にはが英式バルブが使われています。いわゆる虫ゴムのタイプです。英式はアジアでしか使われておらず、アメリカでは全く使われてません。自転車屋の人に聞いても、英式バルブという規格の存在を知らない状況。
日本から自転車を持ってくる場合は、空気入れも一緒に持ってこないと困ることになります。
でも英式対応の空気入れをわざわざ持ってくるのも面倒なので、そういうために口金を米式に変更するアダプタだけでも日本で購入しておくとよいです。そうすればアメリカの空気入れで問題なし。さらに、米式バルブは車と同じなので、ガソリンスタンドのエアーコンプレッサーでも入れられます(ただし、入れ過ぎによる破裂に注意)。

b0133778_13445086.jpg


もう1つは日焼け防止のカバー
アメリカの日差しは強いので日焼け対策は必須だけど、日焼け止めクリームは数時間おきに塗り直さなくてはいけないので面倒です。
日本でパールイズミから数年前に発売されて非常に重宝しているのが、腕と足のエクステンションです。

b0133778_13571274.jpg


見かけは春秋用のアーム/レッグウォーマーと変わらないけど、生地が全く違っていて、春夏用は起毛素材で保温性があるのに対し、夏用はメッシュ地で蒸れません。
で、日本では発売当時売り切れ続出だった人気商品なのに、何故かアメリカでは売っていません。自転車屋のウェア売り場はどこの店に行ってもほとんどパールイズミ製なんだけど、春夏用ウォーマーは売ってても夏用カバーは売ってません。
紫外線が強いアメリカで売れば流行ると思うんだけどねえ。
すぐに取り外せるので、車を運転中の腕の日焼けでお困りの女性にもお勧めです。
[PR]

by k_sobue | 2008-05-24 14:11 | 自転車
2008年 05月 21日

強風な西風の日

今日のベイエリアは夕方からとんでもなく強風で、自転車通勤には大変な帰途でした。干拓地沿いのサイクリングロードを走るので、砂埃で目が開けられません。
普段は何もなくすれ違う通勤バイカーも、こういう日は「お互い大変だなー」みたいなアイコンタクトがあるけど、みんな目を細めるために相当なしかめっ面をしているので笑えます。(もちろん自分もすごい顔しているはず)

こういう強風の日に思い出すのがアメリカ中西部のジェット気流。広大な平原では風を遮るものがなく、ジェット気流の影響をもろに受けるため、異常なほどの強風を体験します。
ジェット気流は地球の自転に関係しているので常に西から吹きます。そして、アメリカ南部からカナダくらいまでの範囲で周期的にうねりながら風が流れます。そして、そのうねりが自分のいるところに重なる日は、もの凄い西風になるんです。

アメリカ横断をしていたときは安モーテルに泊まっていましたが、テレビで24時間天気予報ばっかりやっているWeather Channelをよく見ていました。雨とか気温の予報ももちろん大事なのですが、Jet Stream Forecast(ジェット気流予報)というのもやっていて、「明日はジェット気流が吹くぞ!!」となると、ベットに地図を広げて東に一直線に延びている道を探しました。
そうすると翌日は地上から全てのものを引き剥がすかのような猛烈な西風になり、荷物を満載した自転車は帆の役目も果たして信じられない速度で走ります。ペダルをこがなくても時速40kmくらいで走ります。そういう日は横断中に何度かありましたが、余裕で一日200kmくらいの距離を稼げるのでお得感バリバリでした。

199602 アメリカ横断 - 05
強風の日(1996年 カリフォルニア)

ちなみに、アメリカ横断する人が西からスタートするのはこういった風の影響もあるのですが、東から西に向かうと夕方の西日が強烈すぎて目を開けていられない&顔面を日焼けするという理由もあります。ご参考まで。
[PR]

by k_sobue | 2008-05-21 12:02 | 自転車
2008年 05月 14日

空気入れのパッキン交換

先々週の週末、自転車の走行前に空気を入れていると、途中でパンッという破裂音がして空気入れが壊れました。分解してみると、空気を押し込むパッキンが劣化して、圧力に耐えれずめくれていました。

Menlo ParkのMenlo Veloというお店にパッキンを持っていったら、交換部品のストックがありました。3ドルなり。

IMG_2034.JPG

一緒に来ていた奥さんが「えっ、革なの?」と驚いていましたが、革なんです。
これにグリースをたっぷりつけて元通り組み立てると、いままで以上に強力にポンピングできるようになりました。スカスカ空気が入ると気持ちいいですね。

IMG_2046.JPG

この空気入れ、昔一緒に走っていた友人たちにプレゼントして頂きました。
アメリカでも大切に使っております。
[PR]

by k_sobue | 2008-05-14 16:00 | 自転車
2008年 05月 12日

警察車両

CannondaleのウェブサイトでSpecial Bikeのページを見ていたら、「Law Enforcemen」なるカテゴリーがあった。

http://www.cannondale.com/bikes/08/cusa/model-8FSP1.html

b0133778_16232671.jpg


みたら、俺の自転車だ。。。
違うのは、タイヤがオンロード用で、キャリアがついているくらいかな。
どうりでパトカーっぽい配色だと思ってたけど、どこまでも警察に縁があるようです。
[PR]

by k_sobue | 2008-05-12 16:24 | 自転車
2008年 04月 27日

3RENSHOフレームのクラック

昨年新しいマウンテンバイクを買ってから現役引退していた3RENSHOマウンテンバイクですが、アメリカに来てからはもっぱら通勤バイクです。
その日の気分に合わせて3RENSHOのロードバイクかマウンテンバイクを選んで会社まで走っています。元気なときはロード、まったりのときはマウンテンバイクって感じで。

ここ最近、ペダルを踏み込むとカチッという音がしていたので、ボトムブラケット周辺を分解して調べてみました。
そうしたら、クラック(ひび)を発見!
3RENSHO crack

これか?異音の原因は?!
もしそうだとするとフレームの寿命ということで修理不能だ。。。

渡米前にオーバーホールして整備した際に、BBを外そうとして、外すのとは反対向きに思いっきりスパナをまわしてBBを壊してしまったときの影響かもしれない。BBのテーパーにクランクを圧入するタイプのBBは生産が終了しつつあり、Shimanoでも交換部品用に1モデルあるのみ。東京の自転車屋をまわって在庫を探しました。そのときはBBの破損に気を取られてたのか、フレームのひびは気づかなかったなあ。

とりあえずBB周辺の部品を緩みがないように増締めして様子を見ることにしたけど、本格的な走りはもう期待できない。

この自転車を買ったのは19歳のとき。大阪に住んでたけど、高校までお世話になってた水戸の自転車屋まで注文しにいった。店長から薦められたのはBianchiの緑のマウンテンバイクと、この3RENSHOのマウテンバイクだった。極太のアルミフレームで、素材のカラーそのままな無骨な姿に惹かれた。

アメリカを走ることは決めていたので、長距離を安定して走行できるようにパーツを選択してもらった。極太フレームだっただけにキャリアの取り付けなどに苦労して、店長に特性ねじを作成してもらったりしながら完成した。体にピタリと合い、とてもマイルドな乗り心地のツーリング向き自転車だった。

アメリカは1万kmくらい旅したし、チベット、ベトナム、トルコ、ニュージーランドなども走った。富士山の頂上まで担ぎ上げてダウンヒルをしたこともあったし、大阪箕面や東京の奥多摩の山道もたくさん走った。

7年前に車のキャリアに積んで立体駐車場に突っ込んだときはトップチューブのケーブルホルダーが砕けて修理不能と思ったが、我孫子の3RENSHOに持ち込んで直してもらった。でも今回のBBクラックは致命傷だろう。当時のXTパーツももう交換部品を入手するのは困難だし、もうこの自転車は部品交換しながら乗り続けるのも限界かもしれない。

いっぱいの思い出が詰まった自転車だが、たまにはこの自転車に乗って20代の思い出を振り返られるように大切に保管しておこうと思う。

199407 アメリカ西部 - 50
初めてのアメリカツーリング(1994年 コロラド)
[PR]

by k_sobue | 2008-04-27 12:34 | 自転車
2008年 04月 14日

Sawyer Camp Trail

今週末のベイエリアは華氏80度に達する夏日になりました。
土曜日はお気に入りのHalf Moon Bayに走りにいく予定だったけど、すっかり寝坊して出発したのは2時ころ。I-280を越えたあたりからCA-92は渋滞気味だったので、予定変更でSaywer Camp Trailを走ることにしました。

このトレイルは貯水池沿いの片道6マイルの遊歩道で、行って戻ってくるピストンコース。
駐車場はトレイルのどちらかの出入り口にあります。

今回は南側に駐車しました。場所はここ

天気がよかったので、駐車車両もいっぱい。
IMG_1770.JPG

トレイルの入り口。
IMG_1769.JPG

自転車の制限速度は時速15マイル。
小さな子も走っているので、景色を見ながらゆっくり走ります。
IMG_1766.JPG

IMG_1764.JPG

Lower Crystal Springs Resorvoirに沿う平坦な道を快走。
IMG_1768.JPG

貯水池の北端まで来ると、あとは林の中なので木陰が気持ちいい。
IMG_1758.JPG

IMG_1755.JPG

最後、San Andreas Lakeまではほんのちょっと上り。
到着すると、今まで走ってきた南方面の景色が広がります。
IMG_1746.JPG

右側がSan Andreas Lake。
IMG_1750.JPG

このあと、もうちょい上ると北端のトレイル出入り口にでます。
キャンプ場がないのに、なぜSawyer Camp Trailって名前なのかと思っていたら、1700年代にSawyerさんが探検していたときにキャンプした場所だからだそうです。
ここまで来て半島であることに気づき、San Fransisco湾を渡れないことに気づいたそうな。出口にある碑に説明があります。

自転車だとちょっと物足りないけど、車が通らないので散歩とかにも最適なトレイルです。
[PR]

by k_sobue | 2008-04-14 17:07 | 自転車オンロード