シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 26日

Mt. Tampalias

ブログ更新をさぼっていますが、ちゃんと走っています。

1月16日はMartin Luther King, Jr. Dayで祝日。
mixiのSFベイエリア自転車部でMarin Countyへ遠出してきました。
総勢7名。景色がよく、ペースも距離もほどよく、爽やかな一日でした。
もうみんながブログ書いてくれているのでリンクだけ。
奥さん
NaotoJさん
こうくんさん
SHIGEさん
saganoさん

Mt.Tamalias(通称Mt.Tam)はマウンテンバイク発祥の地とも言われていて、マウンテンバイカーにとっては正に聖地とも呼べる場所。
ただし、道路から見えるトレイルは全て自転車禁止の看板がありました。
頂上付近ではマウンテンバイカーも見かけたので、ちゃんと調べれば走れるところはありそう。
次回はトレイルも走りたい!
[PR]

# by k_sobue | 2009-01-26 12:21 | 自転車オンロード
2009年 01月 15日

Death Ride申し込めた

今日は7月に開催されるDeath Rideの申し込み最終日(2日目)でした。
昨年までは抽選だったらしいけど、今年からは先着順に変更になりました。
今年の申し込み枠は2800人で、2日に別けて募集があります。
1日目の12月11日は1000人、2日目の本日は1800人です。

前回はサイトがオープンする10時にアクセスしても、申し込みが集中してずーーーっとSite Busyの画面が表示されるだけで為す術がありませんでした。

今回はFireFoxを自動運転するためのGreaseMonkeyスクリプトを準備。
Site Busy画面が表示されても1秒後に申し込み画面に再びアクセスし、申し込み画面が正常に表示されるまで自動で繰り返すようにしました。

実際の登録作業は奥さんにお願いして会社に出かけたけど、10時5分くらいには「取れたよ」と電話がかかってきた。
そんなにあっさり?と思って会社のPCからもアクセスしてみたら、確かにすぐに申し込み画面までいけました。

感覚的には今回はだいぶサーバーの負荷が低かった模様。
アスリート級の人たちは前回必死になって申し込みをしていて、今回はホビー級の人たちがゆっくり申し込みしていたのかな。
殺気立っていたのは自分だけだったかも。

そんなこんなで無事申し込めたので、7月の完走を目指してがんばります。
距離200km、標高差4500mは未知の領域。楽しみ。
[PR]

# by k_sobue | 2009-01-15 15:44 | 自転車イベント
2009年 01月 05日

Garminが、、、

Kings Mountainの下りからCanada Roadの往路にかけて、Garminの心拍数がありえないことになっていた。

Garmin

最大心拍数240bpmってどんだけー。
電池交換の時期なのでしょうか。
[PR]

# by k_sobue | 2009-01-05 17:18 | 自転車オンロード
2009年 01月 05日

初ライド(ロードバイク編)

日曜日は奥さんとロードバイクの初ライド。
この日の朝は氷点下の天気予報だったので内心はBay Trailでもいいなと思っていたけど、奥さんから「ぜーぜーいいながら坂を上りたい」というリクエストがあり、一路Kings Mountainへ。

Canada Roadに車を止めて出発。
Park Rangerも年末年始は休みのようで、日曜日だけどBicycle Sundayはやっていなかった。
自転車に乗っている人も寒かったせいか、いつもよりだいぶ少なかった。

Riding Kings Mountain Road
ぜーぜーいいながら坂を上って満足げな奥さん。

登り始めて50分で頂上に。汗で冷えないように、すぐに来た道を引き返す。
先月の雪のときに撒いたと思われる砂が多く、下りはいつも以上にゆっくりと進む。
Dangerous sand on road side

Woodsideのベーカリーで軽く食事をしたあと、Canada Roadを戻って帰還。
2人で走るのは久しぶりでした。
今年も安全に過ごせますように。
End of the ride
[PR]

# by k_sobue | 2009-01-05 16:54 | 自転車オンロード
2009年 01月 05日

初ライド(マウンテンバイク編)

土曜日は4人でWater Dogへ。
この日はHeatherが初参加。
ロードバイクも走る彼女は結構走れる。

そして、何よりもグループの雰囲気が全然違った。
いつもは遅い人を待つけど、息を整える程度で最後の人が来たらそのまま出発みたいな感じ。
でも、この日は彼女が来ているか確認するためにしょっちゅう止まって、その都度おしゃべり。
「景色がきれいだねー」とか。(雨の後で本当に綺麗だったんだけど)
「スイッチバックを曲がるときのコツはだねー、(以下、省略)」とか。
以前、Nさんと奥さんがずーーっと喋りながら走っていると言っていたAnselが、この日はずーーーっと彼女と喋りながら走っていたのには脱帽しました。

女性の存在って偉大。そして男性って単純明快でよろしいです。
いつもは男性陣のくだらない会話を半分聞き流している(ていうより、英語が聞き取れない)自分も、この日は集中して聞きとろうと努力してみたりして。

前日の雨でトレイルは泥だらけだったにも関わらず、この日は全トレイルを制覇しました。
いつもはクリアできる難所も、この日はタイヤがスリップするまで限界まで漕いで、慌ててペダルを外して足を着くとさらに泥で滑ったりして大変でした。
コンディションによって同じトレイルも変化して楽しい。

3時間に渡って走った後、Heatherと別れ際にまたお喋り。
別れた後の男3人は、Foster Cityまで無言で走って帰ったのでした。

今年もマウンテンバイクがめちゃくちゃ楽しい予感がする。
[PR]

# by k_sobue | 2009-01-05 16:10 | 自転車オフロード