シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 12日

Death Ride 申し込めなかった



来年7月11日に開催されるイベントDeath Ride 2009
距離129mile(206km)、標高差15000ft(4500m)を走ります。
(ちなみに、私の過去最長記録はAlba Roadの125mile、10500ft。)

その申し込みが今日の10時から開始でした。
1回目の募集は1000人。

10時を数分過ぎてから申し込みサイトに行くと、「Too Busy」の画面しか出ず、何度Reloadボタンを押しても反応なし。
ちょっと時間をおいたら空くかなと思って、10時30分にアクセスしたら、
Sorry: The first leg of registration is now closed.

そんなアホな!
開始30分で1000人分が売り切れ。

そういえば、乗鞍とか王滝の申し込みもすぐに埋まってしまうと聞いたことがあるけど、アメリカも同じみたい。
タフなイベントほど申し込みが殺到するなんて、みんな頭おかしいよ。

2回目の募集は来月14日の1800人。これが最後。
次回はGreaseMonkeyスクリプトを用意して、サイトアタックします。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-12 14:21 | 自転車オンロード
2008年 12月 11日

man card

ネタです。

Give me your man card now!
先週末のマウンテンバイクの招集メールで、ある人が「週末は家族とクリスマスの飾り付けをやるから行けない」と返事した際の、親分からのメールに書いてあったフレーズ。
man cardって何だ?と思い、調べてみました。

Urban Dictionary : Man Card

Requirement to be accepted as a respectable member of the male community. Can and should be revoked by other respectable males for doing non-respectable-male things.


要約すると、男社会で認められるためのカードで、男らしくないと判断された場合はカードを剥奪されて村八分ということです。

「クリスマスの飾り付けなんて、マウンテンバイクに行かない理由になってないぞ。カード没収だっ!」って感じでしょうか。

ちなみに、昨日の招集メール。
Today 12/9/08 H20dog at the bottom of the fire trail at 7pm (don't lose your man card)

アメリカでは男はmanlyでなくてはいけません。
だから、寒くても、夜遅くても、雨降っても、英語聞き取れなくても、気合いだけは負けずに頑張るのです。
男社会も意外と大変なのです。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-11 18:53 | 自転車オフロード
2008年 12月 10日

最近はマウンテンバイク三昧

先週の日曜日
SkeggsのLeaf Trailへ。いつもの4人。
根っこや岩がおおく、今までの中では一番テクニカルなコース。
日本のトレイルを思い出した。

火曜日
仕事帰りにWater Dogへ。
親分の都合で集合は7時30分。今までで一番遅い。
集合場所に着くといつものメンバー以外に見知らぬ若者が。
たまたま同じ時間にトレイル入り口に居合わせて、「一緒に走ろう」ということで意気投合したらしい。
名前はMarc。どんどん広がる仲間の輪。楽しい。
More people, more fun.

木曜日
この日も仕事帰りにWater Dogへ。7時集合。
公園内のトレイルを8の字を描くように周回した。
休むと寒いので、休憩なし。
1時間走った後は、汗だくでした。
今回からFoster Cityのメンバーは自走で帰ることに。
ナイトライトを購入したので、帰りの夜道も心配なし。
家に着いたのは9時でした。それから夕食。
とても帰りが遅くなってしまった気がしたけど、日本にいた頃は普通にこのくらいの時間に夕食を食べていたんだよな。

土曜日
Skeggsの日。
ロードバイクのため欠席。

今日
仕事帰りにWater Dogへ。7時集合。
Tomが出張でいないので、Marcが皆に声をかける。
先週仲間になったばかりと思えないほど、すっかり溶け込んでいる。
以前に一度だけ走ったBenとPeteが久々に参加。
走ったのは俺の一番お気に入りのスイッチバックのダウンヒルコース。
いつも走り終えた後に、
「このスイッチバックは何回だ?」
「いつも数えようとするけど、忘れちゃう」
みたいな会話をする。
多分、20回以上連続する。
今日は前に人がいなかったので自分のペースで下れた。
左ターンは気持ちよく回れるけど、右ターンがぎこちないことに気づく。
練習しよう。
帰り道、Ralston Ave.を自宅に向けて走っていたらMarcのチェーンが突然切断。
1リンク短くしてつなげ直すことで応急処置。
コネクトピンは持っていなかったけど、チェーンツールでピンを外すときにピンが抜ける寸前で止めると、再度そのピンを挿入できます。
覚えていて損はない知識。
そんなんで今日も帰宅は9時でした。
奥さんが夕食食べずに待っていた。

明日
そして明日も誘われた。
さすがに2日連続はやりすぎか?
どうしよう。。。(一応、迷ってみる。)

こんな頻度でマウンテンバイク楽しめるなんて本当に最高の環境。
家に帰った後は、興奮が冷めずにいつもニヤニヤしてしまいます。

興味のある方は参加歓迎です。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-10 17:27 | 自転車オフロード
2008年 12月 03日

granny gear, gear masher

自転車のギア関連の英語を2つ覚えました。

Granny Gear
インナーチェーンリングのこと。
おばあさんが使う軽いギアというのが直訳。
Grannyは「老齢の婦人を小ばかにしたような言い方」とALCには載っていますので、どうなんでしょう。
自分がそう呼ぶかは別として、よく耳にするので知っているとよい言葉。

Gear Masher
重いギアをガシガシ踏む人。
先日オフロードののぼりを一生懸命登っていたら、「You are such a gear masher.」と言われました。
英語はいろいろな表現がありますね。
Mashed Potatoと同じmashだとあとから気づいた。

ちなみに、両方ともこのページに載ってた。
Mountain Bike Dictionary

アメKoさんに教えてもらった「I am bonked.」もあった。
これはエネルギー切れのこと。
日本語でいうハンガーノック。
イギリスでは違う意味になるので要注意。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-03 17:41 | 英語
2008年 12月 02日

Old La Honda 再チャレンジ

キッチンタイマーを付けて走った前回は25分47秒でした。

年内にOld La Hondaを25分を切ったらおいしいものを食べに行くという約束を奥さんとしていたのですが、
あんなに頑張ってもまだ47秒もオーバーしているので今後どれだけ頑張っても目標達成は無理そうだし、
先日の結婚記念日にはこの件とは別に食事をしにいってるわけだし、
「なんかもうよくない?このままうやむやにしてしまおう」と思い始めていました。

みんなの冷たい視線に数ヶ月耐えれば、いずれ忘れられるだろうし。
早く来年になっちゃえばいい。

そんな心情を吐露すると、奥さんからひとこと。
「自分に負けるってことね。それでいいなら、私は別にいいよ。」

えっ。
「おいしいもの食べにいきたいから頑張って」とか、そういうコメントはないの?
友達は数ヶ月で忘れてくれるかもしれないけど、奥さんからはこの先ずっと言われ続ける。
俺、ヤバイかも。
一生負け犬呼ばわり。

そして翌日、気合を入れてOld La Hondaを登ってきました。

結果。
25分10秒。

あと10秒足りなかった。。。

Garmin

数分後に頂上に着いた奥さんとの会話。
「何分だった?」
「25分10秒」
「え”っ、まただめーっ!」
「前回より30秒も縮めたんだけど」
「え”ー、信じられない。本当に頑張ったの?」
「すみません」
「もういい加減にしてよー」
「はい。すみません」


帰り道のCanada Roadにて。一緒に行ったNさんと。

Canada Rd
写真撮ってますよー。

Canada Rd
写真撮ってまーーす!

Canada Rd
写真!!撮ってまーーーーっす!

Canada Rd
あっ、あのっ、、写真。。
完全に無視された。。。


目標達成できなかったからって、無視しなくてもよくない?

ということで今回も残念な結果で終わりました。

次回に続く(かも)。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-02 16:05 | 自転車オンロード