シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

Kings Mtn + OLH

今日は「軽く走りましょう」ということで、Canada RdからKings Mtnを上る。
一旦Woodsideに戻り、その後Old La Hondaを上る。
一緒に上ったKenさんはペースが同じくらいだったので、2つの上りとも同時にゴール。
「軽く」走るつもりだったけど、結果的には会話する余裕が無くて、上りは終始無言でした。
同じペースの人がいると、だらけずに、でも追い込みすぎずに練習できてよいですね。

それにしても、ベイエリアは自転車人口めちゃくちゃ多い。
7時にスタートして11時30分にゴールするまでに400人くらいとすれ違っているんじゃないだろうか。

そんな中、(俺の中で)一番目立っていた人。
Old La Hondaを上り中、60歳くらいと思われる男性が、シングルスピードのバイクでぜーぜーいいながら抜いていきました。
一瞬目が点になってしまった。
OLHの頂上では休憩なしでSkyLonda方面に走りさっていきました。
かっこえーー。

それから、今日はチェーンが切れて道端で困り果てている人もいた。
チェーン工具を貸してあげて走れるようになったけど、自転車が通らないド田舎だったらどうしたんだろう。
今まで自分のチェーンが切れたことはないけど、何度か助けてあげたことはあります。
滅多に切れないけど、切れたら工具なしでは直せないから大変。
[PR]

by k_sobue | 2008-08-31 15:38 | 自転車オンロード
2008年 08月 27日

非常時の家族への連絡 ICE

仕事場で英語を使うことがあまりないので、英語がヤヴァイ俺でも何とかアメリカ生活を送っています。
でも、このままでは何も上達しないと思い、会社のESLクラスを受け始めました。グループレッスンと個人レッスンに週1回ずつ参加しています。
その中で、小ネタ的に面白い発見もあるので紹介していこうと思います。

初回のネタはこれ。
「携帯電話のアドレス帳にICEコンタクトを入れる。」

もしもの緊急時に医者や警察から連絡してほしい人を「ICE」という名前でアドレス帳に登録しておきます。ICEは「In Case of Emergency」の略。通常は親族の電話番号を登録するでしょう。

例えば、俺が自転車で出かけているときに事故に遭って意識不明でERに担ぎ込まれるようなことがあった場合、救急隊員は所持品から携帯電話を探してICEの電話番号に連絡してくれます。

俺のICEはアメリカで唯一の家族の奥さんにしました。

そして、奥さんと一緒に事故に遭ったときのために、英語ペラペーラな友達を「ICE2」と「ICE3」に登録しました。
「英語ペラペーラって、もしかして俺?」って思ったアナタ。アナタかもしれません。
万が一の際はどうかよろしくお願いします。

このICEというアイディアがどれだけ浸透しているのか分かりません。
実際、このICEはクラスメイトのインド人はみんな知っていましたが、アメリカ人の先生は知りませんでした。
でもデメリットは無いはずなので、ICEの登録をお薦めします。

すくなくとも、私と一緒に自転車走っていてアナタが事故に遭った場合、アナタのICEへは私が日本語で連絡できますから。

さらに、予防手段としては、家族を実名やニックネームで登録するより、「wife」とか「mom」とかで登録しておくと、ICEを知らない人だった場合でも連絡してくれるかもしれません。

事故に遭うことは考えたくないけど、備えは大事ですね。

CBS News : ICE Your Cell Phone For Safety
101280.net : アメリカの携帯電話Tips
[PR]

by k_sobue | 2008-08-27 17:04 | 英語
2008年 08月 24日

Mt. Hamilton

今日はきつかった。

朝7時30分にMenlo Parkを出発。
今日のメンバーは5人。saganoさん、shigeさん、アメKoさん、Madoneさん(初参加!)。

Central Express WayをSan Joseまで走り、空港をかすめた後、住宅街を抜けて山の麓にたどり着く。ここまで平坦路で27mile、2時間くらい。

start climbing
山頂までなんと19mile。頂上までの標高差は4200ft(1250m)。

climbing Mt.Hamilton
上り。

climbing Mt.Hamilton
上り。

climbing Mt.Hamilton
上り。どういう訳かDHポジションの人が一人います。。。

climbing Mt.Hamilton
上り。

ここまでの上りの写真は全て登坂開始直後の写真です。
まだ写真なんか撮ってる余裕がありました。

Hamiltonの頂上までは2カ所だけ少し下るカ所があり、上りが3部分に分かれています。
最初の坂はまだみんなと会話する余裕がありました。
2番目の坂ではついていくのがやっとで会話する余裕なし。
そして最後の坂では開始直後から追いつけずに千切れてしまいました。
このメンバー強者揃い。

その後は孤独な一人旅。
腰が痛くなり、自分を追い込めなかったなー。
久々にだれた上り坂だった。
でもこれだけの上り坂を休憩なしでゴールしたのだからよしとしよう。

Observatory at Mt.Hamilton
なんとか頂上への天文台へ到着。

San Jose from Mt.Hamilton
頂上からの景色。San Jose方面を眺める。

San Jose from Mt.Hamilton
ズームアップするとSan Joseビル群が見えます。

Mt. Hamiltonへの道は、頂上に行くためだけの道路で、地域をつなぐ幹線道路ではありません。そのせいか、車がほとんどなく快適です。
でも樹林地帯ではないので日陰がなく、今日みたいな暑い日は暑さによる疲労も結構ありそう。

bikes
頂上で自転車だけの写真を撮る。

一番左はアメKoさんのトライアスロンバイク。この景色にこの自転車はかなり空気読めてないなー。でも、39x23Tのギヤでガシガシ上ってました。本当に恐るべし。

来た道を全て引き返し、スタート地点に戻ったのは17時近かった。
疲れたけど、達成感はかなりあった。地域で一番高い山らしいから。
Mt.Hamilton次回は万全の状態でリベンジにのぞみたいです。
みなさん、お疲れさまでしたー!

走行距離:90mile (144km)
積算標高:5900ft (1750m)

More
[PR]

by k_sobue | 2008-08-24 14:34 | 自転車オンロード
2008年 08月 22日

Water Dog

毎週木曜はマウンテンバイクの日(先週から)。
今日もBelmontのWater Dog公園のトレイルライドへ。今回はTomと2人。

先週の記事ではカメラが無かったけど、今日は数枚撮ってきた。

water dog trail
こんなシングルトラックをずーーっと下れます。

tom
Tom

foster city
こんな景色を眺めながら走ります。遠くにMt. Diabloが霞んで見える。

foster city
Foster City方面のズームアップ。

riding down
俺。

cannondale f400
愛車。サスペンションはフロントだけだけど、このコースなら問題なし。

週末はロードバイクで体力を鍛えて、平日はマウンテンバイクでバランス感覚を鍛えてます。どちらも楽しいねえ。


おまけ。

stanford univ and Mt. Hamilton
Belmontの丘陵超しにStanford大学の白い塔が見えた。
そして、その先にはイーストベイのMt. Hamiltonがあり、頂上の天文台が「点」になって見えた。
拡大すると何とかわかります。)
週末はStanfordから出発してこの天文台まで走ります。
大丈夫かな?がんばります。
[PR]

by k_sobue | 2008-08-22 13:31 | 自転車オフロード
2008年 08月 19日

Old La Honda + Tunitas Creek Rd

土曜日はハイキングに誘われた。
マウンテンバイクで何度か走ったPurisima Trailだったので、気軽な感じで参加した。
2時間のコースだったけど、休憩なしでどんどん進んでいくみんなのペースについていけずに疲労困憊してしまった。翌日お尻の筋肉がかなり筋肉痛になってた。歩くの苦手です。

さて、翌日は久々に夫婦でサイクリング。
Canada RdからWoodsideを通過してOld La Hondaを上る。

タイムを計るつもりは無かったけど、「一応、計るかな」と時計を見てからスタートしたもんだから、結局真面目に追い込んでしまった。
結果、27分。(携帯電話の時計だったので秒まで計れてない)
前回の29分から約2分の短縮。
うーん、まだまだ。目指せ25分。
今回の言い訳は、前日のハイキングの疲労のせいということで。

奥さんはいっきに7分短縮して40分に。この調子なら次回は30分台確実ですね。と煽ってみる。

Sullivan's Restaurant
La Hondaで昼食

Meatball Sand
ミートボールサンド

Rout 84
CA-84でSan Gregorioまでは長ーい下り。
海からの向かい風で決して楽ではなかった。
幹線道路のCA-84は車も飛ばしているので、朝早い時間に走るか、Pescadero方面に迂回するのが良いですね。

Stage Road
San GregorioからStage Rdを北へ。

Rout 1
CA-1を北上。海岸線が綺麗。

すぐにTunitas Creek Rdへ。
Tunitas Creek Rdはアメリカに引っ越してきてから初めて走りにいった道です。
まだ3月ころで、アメリカの田舎道を走るのが初体験だった奥さんが妙に感動していた。
それから5ヶ月後、新しいロードバイクで同じ道を走る。
「懐かしいねー。」とか会話しながら、だいぶアメリカの環境にも慣れてきたことを実感する。

Lobitos Creek Rdの分岐から頂上までは未体験ゾーン。
ここからSkyLineの尾根まで本格的な登坂開始です。

Tunitas Creek
途端に道の舗装ががたがたになり、杉林の淋しい道になる。

Tunitas Creek
途中で1回だけ休憩。(前日にこうくんさんもここで休憩しているはず。)

このあたりは太平洋からの霧が年中かかっているので、林の中もみずみずしく日本の山のよう。

ただし、日本とちがうものも発見しました。

Banana Slug
バナナなめくじ (Banana Slug)

Banana Slug
記念に添い寝してみました。大きいでしょ。秒速1cmくらいで動いてた。

頂上のSkyLine Blvdに出たら、道のすぐ反対のKings Mountain Rdを下ってWoodsideへ。そのままCanada Rdを走って車のデポ地に戻ってゴール。

Canada Road
最後のCanada Rdの向かい風が一番きつかったかも。

走行距離:53mile (85km)
走行時間:5時間35分
平均時速:9.6mph
積算標高:5586ft (1675m)

このコースは、これまで少しずつ走っていたコースを1日で全部走ってしまう集大成のようなものでした。

これまでの記録。

Old La Honda
7月27日

Kings Mountain
7月26日
7月13日
7月7日

San Gregorio
7月21日
5月26日

Tunitas Creek Rd
5月11日
3月9日(奥さんブログ)

奥さんも俺も数ヶ月で確実にタフになっていると思う。
[PR]

by k_sobue | 2008-08-19 15:07 | 自転車オンロード
2008年 08月 15日

仕事帰りにWater Dog Lake Park

今日は会社帰りにちょっと一杯やってきました。

ではなく、
会社帰りにちょっと一周走ってきました。

会社を6:15に出て、BelmontのWater Dog Lake Parkに6:30到着。
最近知り合ったTomとその仲間Dの平日夜のマウンテンバイクライドに参加させてもらいました。

トレイル入り口はここ
公園の反対側まで車が通れる幅のダートを上って標高を稼ぎます。
勾配は緩いのでゆっくり行けば余裕ですね。

公園の西端にたどり着いてイーストベイ方面を眺めると絶景です。
夕焼けでピンクがかった空と広い景色がすがすがしい。
ただし、今日はカメラを持っていかなかったので写真がありません。

頂上からはシングルトラックのダウンヒルの開始!
久々のファットタイヤに緊張しながらも、しばらく行くとだいぶ昔の感覚も蘇る。

シングルトラックになってからは分かれ道が多く、経験者と行かないと迷います。
路面は乾いていてタイヤのグリップ力が心配だったけど、思ったより滑らない。
ただし溝の深い部分も多く、集中力はかなり必要。

毎週このコースを走っている2人に導かれながらグングン下る。
途中で数回re-groupすると、Dがその先のテクニカルセクションの越え方を教えてくれる。
「この先100フィートくらいに大きな窪みがあるけど、一気に下ればその勢いで上れるからブレーキは使うな。(use momentum, don't brake.)」みたいな感じ。
信じてそのまま1mくらいの窪みに突撃すると、あら不思議。本当にスイッと上り返しをクリア。

下りきるとここに出てきます。
公園内を走っていた所要時間は約1時間。
我々が下りてきた時には他のグループも集まっていて10人以上のマウンテンバイカーがいました。

やっぱり楽しいねトレイルライド。
ロードバイクとはまた違った楽しみ。
こんなに近くにマウンテンバイクパークがあるのも驚き。
会社帰りに行けるなんて素敵ですね、ベイエリア。

リンクを紹介しておきます。
Passion Trail Bikes
singletracks
[PR]

by k_sobue | 2008-08-15 15:29 | 自転車オフロード
2008年 08月 12日

Canada Rd & Portora Valley Loop

SFベイエリア自転車部の部長の奥様が新車を購入されたということで、日曜は皆で記念ライド。
Menlo Parkに集合した後、ベンチャーキャピタルが世界一密集していると言われるSand Hill Rdを上る。
うーん、どこから見てもふつーの田舎道でハイテクな雰囲気なし。

Manzanita Rdを通ってWoodsideへ。勤務先の会長さんとか住んでる超お金持ちしか住めない地域を通過。
うーん、どこから見てもふつーの田舎道でセレブな雰囲気なし。

Canada Rdを通ってCA-92まで走る。
女性ライダーが4人も集まるって結構凄いかも。しかもみんな速い。
うちの奥さんも女性仲間が増えて俄然やる気が出てきている模様。
Canada Rd

Canada Rdを折り返して走っていると、後ろから来たライダーに
「シリコンバレー自転車生活の方ですよね?」と突然話しかけられる。
全く無防備な状態で予想外の質問に一瞬たじろぐ。。。
でも乗っていた自転車を見てすぐに分かりました。
いつもコメントをくれていたMadoneさんでした。

ブログに自分の写真を載せていたので、気がついて話しかけてくれたようでした。
(しかし、ブログタイトルで呼ばれてちょっと照れた。。。)
面白い出会いがあるものですねー。

Woodsideでオムレツを食べた後、Portora Valley Loopを一周してMenlo Parkへ帰着。
久々の暑い日で、前日の疲れもあり、私的には十分なコースでした。
それにしても自転車仲間が増えていくのは楽しいです。

東京にいた頃に車を2時間運転して奥多摩に走りにいってた頃に比べれば、今は車で15分でCanada Rdに着いてしまうので格段に良い環境なのだけど、WoodsideからPalo Altoのあたりはどのコースも自走していけちゃうので羨ましい。
贅沢言ったらきりがないけどね。
[PR]

by k_sobue | 2008-08-12 16:28 | 自転車オンロード
2008年 08月 11日

Santa Cruz ロングライド

1日で600km走るロングライドの神saganoさんに導かれてSanta Cruzまで走ってきました。

朝6:30にMenlo Parkに集合。
参加者はSFベイエリア自転車部の男性5人。
マラソン選手やトライアスロン選手の方々ばかり。俺、大丈夫か?
早朝から不安と興奮の混じった微妙なテンションのグループが山へと向けて出発しました。

まずはOld La Hondaを喋りながらのゆっくりペースで34分で登りきります。
頂上から太平洋側は天気予報どおり霧でした。

West Old La Honda
West Old La Hondaを下って太平洋側へ

San Gregorioまではずっと下りだけど、みんな早い!
前半からそんなペースで大丈夫か?と思っていたら、アメKoさんが「Trainしますか?」って誘ってくれました。
風をよけるために先頭交代しながら走ることをTrainって言うんですね。
日本語でも先頭交代しながら走ることを列車って呼びますからね。
ただ、ペースが早くてアメKoさんの前で頑張ることができませんでした。>スミマセン


CA-1から南は一直線にSanta Cruzを目指します。
馴染みのあるPescaderoの分岐、Gazos Creekの分岐はあれよあれよと言う間に通過。
Gazosを過ぎるとSanta Cruzまでは一本道。ベイエリア方面には迂回路がありません。

リーダー:「この先進むと途中で折り返すことできませんけど行っちゃっていいですかー?」
参加者全員:「(1秒も迷わず)行っちゃいましょー!」

ヤバイよ、このグループ。テンション高すぎ。。。

Pacific Ocean along CA-1
9時を過ぎると霧が晴れて来ました。
「おーーっ、海だーっ!青いぞー!」とか叫んでいたのでしょうか。


Ride Friends
気持ちもカメラポーズも前のめり


CA-1
CA-1 AmeKo-san
Santa Cruzまでは海沿いのハイウェーを快走します。


11時頃にSanta Cruz到着。ここまでで100km。
Santa Cruz Overview
Santa Cruz
Santa Cruz
ここは海がきれいでサーファーが多い街。

昼は超ビックサイズのブリトーを食べる。旨かった。
Super Burrito
大きすぎて後半苦しかったけど、それでも食べる。
自転車に乗るときの食料は燃料そのものですから。


さて、これからが後半。
CA-9を単調に登ります。その距離なんと50km。
昼からの暑さと食べ過ぎのせいで力が出せなかったのでマイペース維持。
ペースが同じくらいのShigeさんに合わせる。

me
いわゆる激坂は無いので、リズムをつかめば結構楽しく登れます。
坂って楽しー。

JCT236
CA-236との分岐で休憩。みんなお疲れの様子。

JCT236
でもカメラを向けられればこの通り!
(しまった。。。俺腹出てるよ。)

SkyLine Blvdがこの日の頂上。2800ft。
Kokun-san at the top
自転車購入1ヶ月目にして登りきったこうくんさん。すごすぎ。


その後、Page Mill Rdを下り、Menlo Parkに着いたのは5:30でした。
11時間、175kmの旅。
最後まであまりペースを落とさず走りきれました。
34歳のおっさん、まだまだいけるかも。

そして、新車Trek Madoneについて。最高でした。
さすがに100mile超を走れば路面からの振動による身体疲労が相当溜まるだろうと思っていたけど、結果はほとんどなし。カーボンフレームの振動吸収性は想像以上でした。
それから購入時にフロントをダブルギアにするかトリプルギアにするか最後まで悩みましたが、プライドを捨ててトリプルにして正解。
一番軽いギアはほとんど使わず、路面の傾斜の微妙な変化に応じてシフトしながら楽に登れました。
トリプルにすることで約100gの重量増しだけど、それで得られるメリットは絶大なものがあった。

家に帰ると奥さん特製の「天下一品もどき」が待っていた。
大盛りを食って寝る。至福の一日。

一緒に走ってくださった皆様、ありがとうございました。また行きましょう!
[PR]

by k_sobue | 2008-08-11 17:07 | 自転車オンロード
2008年 08月 04日

Marin Century 2008

Marin Century 2008に参加してきました。
San Franciscoの北側にあるSan Rafaelからスタートする100km(60mile)のコースにエントリーしました。
Marin Centuryはどこかの雑誌の読者投票で2年連続で北Californiaのベスト・センチュリーライドに選ばれる人気のイベントで、2600人も参加するとか。
6月に参加したSequoia Centuryは100kmコースの高低差が6000ft(1800m)だったのに比べると、今回は3800ft(1100m)でちょっと余裕がある感じ。
今回のチャレンジはロードバイクを始めた奥さんと一緒に100kmを走りきることにしました。

朝6時に家を出発。ゴールデンゲートブリッジまでは霧が濃かったのですが、橋を渡りきると途端に快晴。
Golden Gate Bridge
San Rafaelに近づくにつれて自転車を載せた車も多くなりテンションもあがります。

受付でゼッケンをもらい、8時ころにスタートラインに。前方の信号に合わせて約3分間隔でウェーブ・スタート方式です。
Starting Point
スタートの列に並んですぐに、「もしかして3RENSHOさんですか?」と前の人からいきなり声を掛けられました。(3RENSHOは私の前のロードバイクの名前でもあり、mixiのニックネームでもあります。)
前列にいたのはsaganoさんご夫妻と、seitaさんご夫妻でした。
数週間前にmixi内で結成された「SFベイエリア自転車部」のメンバーの方々で、オンラインで挨拶だけはしてたけど、Marin Centuryは参加者がとても多いし、お互いに顔も分からないので、多分会えないだろうなーと思っていただけに、いきなりスタート地点でお会いすることができてびっくり。
ほとんど挨拶する間もなくスタートしたけど、その後の100kmをずっと一緒に走っていただきました。

San Rafaelから西にしばらく行った初めの峠では、参加者がこんなにいっぱい。
Scenery
峠の麓から頂上までは警察が片側通行に規制してくれていたので、とても安全に登ることができました。
Scenery
交通規制は100kmのうちもう1箇所でも行われていて、主催者と地元コミュニティーの協力体制がとても印象的でした。

Marin郡は我が家から車で1時間ほどですが、景色がだいぶ異なっています。
Scenery
Redwoodなどの森が多い半島部分とは対照的に、このあたりは乾燥した丘陵が続いていて他の惑星のような場所も。
その昔にStar Warsの映画が撮影されたというLucas Valleyも通過したけど、この雰囲気なら納得です。

第1休憩所
黄色いTシャツの人はボランティアの方
1st Rest Stop

Petalumaの新興住宅地では、奥さんが「青葉台っぽーい」とちょっと望郷。
Estatescape

第2休憩所
2nd Rest Stop

この日一番きつかった坂の頂上
頂上だけは毎回笑顔の奥さん
The Hardest Uphill

今日の山岳賞はseitaさん
(Tour de Franceの山岳チャンピオンは赤の水玉ジャージを着るんです)
The Hardest Uphill

坂の頂上の隠れ休憩所
Temporary Rest Stop

第3休憩所
あられがあったよ。大量に汗をかいた後は塩分補給が重要。
3rd Rest Stop

ゴール
Goal!

この日は経験豊富なsaganoさん夫妻と、自転車初めて3ヶ月とは思えないseitaさん夫妻と一日ずっと一緒に走っていただきました。
うちの奥さんはいつもより速いペースであまり余裕が無かったようですが、他の奥様方も一緒だったのでとてもよい刺激になったようです。

走行距離: 100km (62mile)
走行距離: 4時間45分 (休憩時間含まず)
平均時速: 12.8mph (20.5km/h)
獲得標高: 5900ft (3800ftのはずだったのに、、、おかしい)
消費カロリー: 3200kcal

来年は夫婦で100mileに参加します!と宣言してみる。
[PR]

by k_sobue | 2008-08-04 15:07 | 自転車イベント