シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 29日

Old La Honda 初トライ

会社へは自転車通勤なので自分の部屋まで自転車を持ち込んでいる。
その自転車を見つけていつも話しかけてくる社員がいる。
インド人の彼の話す英語はなまりが強くて分かりにくいんだけど、自転車ネタなので不思議と楽しい。
私が渡米して間もなくてベイエリアのサイクリング事情が分からないのを知ると、お勧めの自転車屋とかセンチュリーライドのこととかいろいろ教えてくれる。

そんな彼との話の中で、「もうOld La Hondaには登ったか? この地域の自転車乗りはあそこの坂で自分のタイムを計るんだよ。」と教えてもらった。
「俺は遅いから30分以上かかるけど、Ericは強いから20分前半で走るんだ。」と言っていた。(Ericは同じフロアにいるもう一人の自転車好きな人。)

関東でいったらヤビツ峠みたいなもんだろうか。
でもあまり自分を追い込むの好きじゃないし、ましてや奥さんはタイムとか計るのは好きじゃなさそう。
ということで、気にはなっていたけど、今まで行こうとは思ってませんでした。

で、週末の日曜日、どこに走りにいこうかと考えたけど、来週はセンチュリーライドで遠くまで行くので近場で済ませたく、奥さんはその練習で山に行きたいらしい。
「じゃあ、Old La Hondaにタイム計りにいく?」と拒絶されるのを前提で聞いてみると、「いいよ、行こう。」とあっさりとした返事。ロード病に冒されているようです。

そして登ってきました。
この橋から時間を計ります。場所はここ
奥さんがスタートしてから10分後に自分もスタート。
Old La Honda

途中で奥さんを抜く。「がんばれ。」と一言だけ声をかける。こっちも必死で余裕ありませんから。
Old La Honda
(でも、よくよく考えると写真を撮っている余裕があったのか。。。)

尾根沿いのSkyLine Blvdまで登ってゴール。
Old La Honda

結果を公表しちゃうと、私が29分、奥さんが47分。

んー。自分の中では25分くらいいけるかな?と根拠も無く思ってたんだけど、だめでした。
まあ、インド人の彼に30分切ったよと言えるので良しとする。

いい訳だけど、やはり初回に登る坂は先が読めなくてペース配分に迷った。
今回走ってKings Mountain Roadよりも勾配は急で単調に登り続けることが分かったので、次回は1〜2分はタイムを短縮できるだろう。
年内には25分を切ります。(←ハイ、宣言しちゃいました。)

年内に40分を切るという目標を立てた奥さんとともに、達成したらおいしい食事をしにいくことにしました。さて、実現するのだろうか。。。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-29 16:52 | 自転車オンロード
2008年 07月 29日

Ralston Bike Trail

いつもCanada Rdを走るときはCA-92との分岐のところに車を停めます。
休日は自転車乗りがここまで車で来て停めるので、昼頃には駐車車両がぎっしり。

でも土曜日はBelmontに車を停めていたので、Canada RdからBelmont方面に行かなくてはいけませんでした。CA-92はCanada Rdとの分岐から東はFreewayなので自転車は通れません。

そこで、Ralston Bike Trail。
Canada Rdの駐車帯の脇に地味に入り口があります。
Canada Road

場所はここ

Belmont側はここ

Canada側から行くと上りが意外としんどいです。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-29 15:01 | 自転車
2008年 07月 29日

Kings Mountain Road

土曜日はこうくんさんが朝練に行くということで、一緒に参加させてもらいました。
こうくんさんのトライアスロン仲間のNさんの家に朝5:50に集合。
日の出とともに出発しました。

タイムトライアルバイク2台、我が家のロードバイク2台の計4台でWoodside目指して走行。
体力に自信が無い(と言っている)奥さんはこういうグループ走行に気後れして行きたがらなかったんだけど、このところの別人っぷりでむしろ積極的に参加した模様。

朝のガラガラの道路を走るのは気持ちいい。
Alameda de Las Pulgas(←長いんだよな、この道の名前)を快走していると、先頭のNさんがパンク。予備のタイヤに交換するも修復できず、あえなくご帰宅に。
Nさんとは初対面だったけど、少ししか走れず残念。

奥さんはトライアスロンバイクのスピードに着いていけずに遅れ気味で、顔が引きつっていた。
雰囲気に飲まれずに、自分のペースを守りましょう。オーバーペースだと後半ばてるよ。

3人になったあとは、CA-84をWoodsideまで上り、そこで軽く朝食。パン屋は朝早くから開いてます。

その後、いつものKings Mountain Roadへ。Woodside Store Historic Siteを過ぎれば、あとは頂上まで分岐は無いので、そこから先は各自自由なペースで登り始める。

分岐直後に奥さんが一人登っていたら、道ばたの木から視線を感じたらしい。
Kings Mountain

こうくんさんは最近自転車を始めたばかりで登坂は初めて。でもスピードを緩めずどんどん先に登っていってしまいました。
私は坂の後半まで追いつけずにちょっと焦る。マラソン、水泳で鍛えている人は自転車でも速いのです。

奥さんも登りきったあと、同じ道をWoodsideまで下ると、自転車の人がわんさか登っていました。その後Canada RdをBelmont方面に戻るときも自転車が行列状態で走っていた。
アメリカ人の朝は早い。でもこの日だけは俺らの方が早い!
走り終えた後にコンタクトレンズ屋に行ったらまだ10時で店が開いてませんでした。

帰宅してからの昼寝は最高だった。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-29 14:48 | 自転車オンロード
2008年 07月 22日

Pescadero & San Gregorio Loop

本日はTour de Franceが久々の休息日なので、ブログをまとめて更新中。

昨日はPescaderoに走りにいきました。

朝は涼しいというより寒かったので、家の近くをちょこっと走るだけでいいかな、と思っていたけど、奥さんが「この1週間、自転車乗りたくてうずうずしてたんだから、行く」と言うので行った。
ロードバイクになってから、発言が別人です。

PICT0027.JPG
ロゴ入りジャージなんて着ちゃって別人です。
背中の真ん中には「Front of the Pack (先頭集団)」なんて書かれていて別人です。
(↑こうくんさん、ありがとうございました)

Pescaderoのパン屋の駐車場に車を止めてスタート。
PICT0013.JPG

Butano State Parkのあたりはほとんど平坦。車はほとんど通らず快走ルート。
CA-1にぶつかるとすぐ左にGazos Grillがあります。
PICT0014.JPG
このコース中では唯一のレストランなのです。
場所はここ

チリバーガー
PICT0017.JPG

エッグベネディクト
PICT0016.JPG

CA-1を北上するとすぐに灯台があります。
PICT0024.JPG
寒い日には物悲しい景色にも見えます。

San Gregorioまで行った後、田舎道をPescaderoまで戻ります。
2つほど山(というか丘)があるけど、ロードバイクであっという間に越える。


前回は30mileほど走ってそれなりに充実感があったけど、ロードバイクだと疲れる前にゴールしちゃって少し物足りなさも。
気合いを入れれば家から走って帰って来れる距離だし、そのうちやってみよう。

PICT0031.JPG

Pescaderoのパン屋で、アーティチョークパンとオーラリベリーパイを買って帰った。
アーティチョークパンは前回同様めちゃうま。
パイは前回のアップルパイのほうがおいしかったかな。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-22 17:01 | 自転車オンロード
2008年 07月 22日

equestrian

Equestrianなんて言葉知っている人いますか?

ヒント
PICT0006.JPG

答え

Woodsideの手前のCanada Roadにて。
このあたりは本当に馬に乗っている人がいた。
道路に馬のウ○コがあるときは後ろを走っている人に早めに教えてあげましょう。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-22 15:42 | 英語
2008年 07月 22日

新車で再び Kings Mountain Road

新車を購入した翌日、Canada Road、Kings Mountain Roadへ。
前の週に同じコースをオンロードタイヤをつけたマウンテンバイクで走っていたけど、新車と比較するために同じ道を乗ってきました。

Canada Roadを走り始めると同時に、「軽ーーい!坂が坂じゃないみたい!」(奥さん談)などと歓声を上げながらWoodsideまで行く。
Wooodsideを過ぎて、Kings Mountain Roadの上り坂(約500m)を登り始める。
「初めて坂が楽しいと思った」
と別人のような発言をする奥さんとともに、ぺちゃくちゃ喋りながら余裕で登りきった。
二人でこんなに爽やかに坂を上ったのは初めてかもしれない。
前の週には、「あづいー、づかれたー」とボヤキながら登る奥さんの精神ケアでこっちまで大変でしたから、この気持ちの余裕は嬉しい。

ロードバイク、同じ自転車だけど全然ちがう。
カーボンバイク、超軽い。

これまで乗っていたスチールのロードバイクは左右に振るとそれなりの重さゆえに手ごたえがあるので常に自転車の「存在」を感じていた。
強く踏めばフレームがしなるので、その反動を介して自転車と自分の「リズム」みたいなものを確かめていた。
「俺もお前(自転車)も完璧じゃないけど、お互い理解し合ってがんばろうぜ」みたいな感じだった。
(↑だんだん文章がマニアックになってきた。。。)

カーボンバイクは言ってみれば非の打ち所がない優等生。
ペダルを踏み込んでもフレームはしならず、踏んだ分だけ素直に加速する。
ダンシングで自転車を振っても空をつかむようで、自転車の重量(存在)を感じない。
自転車が完璧である以上、「遅い理由=俺の体力不足」ということになるので、嬉しい反面、言い訳できない緊張感も少しある。。。

しかし、自転車買い替えただけでこんなに変わるなんて期待していなかった。
18年ぶりのロードバイクなので、その間の技術の進歩には本当に驚かされます。

フレーム素材: スチール → カーボン
ギヤの数  : 前2x後7 → 前3後10
変速機の位置: ダウンチューブ → STI
スポークの数: 32本 → 18本
タイヤ   : チューブラー → クリンチャー
重量    : 10kg台 → 7kg台


いやー、ほんとに良い自転車を買えたなー。

日本からちえぞうさん夫妻にいろんなアドバイスをいただきました。感謝です。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-22 15:32 | 自転車オンロード
2008年 07月 22日

break in

新車のギアシフトはSTIなので、ブレーキレバーとシフトレバーが一体化している。
これまで非STIのロードバイクだったので、STIレバーはとても大きく、そしてレバーを握るのが重く感じる。
長い下り坂でブラケット上部からレバーをずっと握っていると結構疲れます。

とくに手が小さく握力の弱い奥さんには辛そうだったので、購入店にいって相談してみた。

俺「長い下り坂でブレーキを握っていると疲れるけど、何か改善策はありますか?」
店員「改善ではないけど、新しいブレーキパッドを break in すれば今よりは良くなるよ。」

へっ? break inってどいうこと? 壊すの?意味が分かりません。。。

とっさに店員に「break in って?」と聞き返すと、「ブレーキをもっと使い込めばブレーキシューが馴染んで多少ブレーキが軽くなるよ」とのことだった。

帰宅してアルクで調べました。

break in

1. 力ずくで入り込む、押し入る、侵入する、乱入する
2. 使い慣らす、〔靴などを〕履き慣らす、〔馬などを〕ならす、仕込む、調教する、訓練する、〔仕事に〕慣れさせる、慣らし運転する、調整する
3. 会話に入り込む、言葉を挾む、口を挟む、割り込む、遮る、差し出口をする、話に割り込む
4. 仕事を始める、手始めに~する、開拓する、開墾する


この場合、2番目の「使い慣らす」ですね。”break=壊す”からは想像つかない熟語でした。

アルクには用例としてこんなのも出ていました。
break in a horse 馬を乗りならす
break in a new car 新車を乗りならす

こうやって、自転車屋に行って英語も勉強できるのがアメリカならではなのですが、そのうち自分でSTIもメンテできるようにshimanoのマニュアルを見て勉強します。

ちなみに、新車に乗った初日はギヤチェンジのときにダウンチューブに手を伸ばして、「あれ?レバーが無い!」みたいなことを何度もやってしまいましたが、それも2日目以降は無くなりました。
逆に、古いロードに乗ったときにブレーキレバーを曲げようとしてしまいそうですが。。。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-22 12:44 | 英語
2008年 07月 22日

ride in single file

自転車で一列になって進むことをride (in) single fileといいます。
single fileで一列縦隊という意味らしい。

なぜファイル?と不思議に思い、fileを調べると「〔人や物が〕縦に並んだ列、縦列」という意味があるらしい。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-22 11:50 | 英語
2008年 07月 13日

Trek Madoneを2台買っちゃいました。

ついにロードバイクを買っちゃいました。
しかも奥さんの自転車も合わせて2台!
高い買い物だけど、これなら喧嘩なしです。

Trek Madone 5.2 (2008年モデル)
madone52

念願のカーボンフレームで、コンポーネントはShimano Ultegra SLです。
重量はペダルを含まないで7.5kgくらい。
技術の進化には本当に驚かされてます。
ちなみに、日本の3/4くらいの値段で買えました。

こちらは奥さんの初ロードバイク。
Trek Madone 5.1 WSD (2008年モデル)
madone51wsd

指一本で軽々持てます。(自慢)
madone52

奥さんだって指一本。
madone51wsd

それにしても、購入することを決めてから実際に買うまで約2ヶ月。
こんなに時間がかかった理由は、奥さんのブログで。

がんがん走るぞー!
[PR]

by k_sobue | 2008-07-13 14:29 | 自転車
2008年 07月 10日

GC Contender

結局、朝5:30には起きられずに毎晩9時からTour de Franceを見ています。
毎日3時間英語の解説を聞いているわけだから、リスニングの勉強にもなってます。

ところで、解説者が「GC Contender」という言葉をよく使っていて、意味が分からなかったので調べてみました。

General Classification by はてなキーワード
自転車ステージレースにおける総合順位のこと。略称はGC。

つまり、GC Contenderは総合優勝を狙える選手ってことですね。

久々にツールを見ているのでチームも選手の名前も全然分からないけど、それでも自転車レースは見ていて楽しいですね。
いつの間にか選手がみんな年下なのが、月日の流れを感じる。
[PR]

by k_sobue | 2008-07-10 16:24 | 自転車