シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車オフロード( 16 )


2009年 03月 03日

ダブルヘッダー

2月は仕事が忙しかったけど、一段落しました。
天気予報では土曜日だけ晴れだったので、ロードバイクとマウンテンバイクのダブルヘッダー。
1日でロードもマウンテンもやるのは初めてだったかも。

11時に車でCanada Rdまで行き、そこからWoodside経由でKings Mountain Rdを登りに。
Kings Mountainの登りに差し掛かったところで、下ってきたKenさんに遭う。
純白のLook595かっこいい!目が釘付けでした。
Kenさんとちょっと立ち話をした後、Kings Mountainを上る。
久しぶりのロードバイクで体が重かったので、奥さんの後ろについていく。
心拍計を比較すると、自分が140bpmのところ、奥さんは160bmpくらい。
しっとり汗をかく程度で頂上に到着。
頂上はTunitas Creekとの交差点だけど、あの日が嘘のような静けさ。
そのまま同じ道を引き返してロードバイクは終了。
道端には花がいっぱい咲いていて、いつのまにか春でした。

家に帰って軽い昼食をとり、30分後にはマウンテンバイクに乗り換えてWaterdogへ。
マウンテンバイクも実は1ヶ月ぶりくらい。久々に集まったのは4人。
自分以外の3人は1月に転倒して怪我をしていた人ばかり。とにかく1月は不穏な月だった。
この日は心機一転して、とにかく楽しく走った。みんな大満足だった。
自転車も故障して、膝も怪我していたTomが特に楽しんでいたようで、
「帰りに俺の家で自転車洗いながらBike Wash Partyしよう!」と言い出す。

ビールを買ってTomの家に集合。
4台の自転車を洗い終わった後、皆で七輪を囲み他愛も無い話をした。
「俺の家族はシチリア出身なんだぜー。」
「おー、じゃあお前背中に毛が生えてんのか?」
「あたりまえだろ。見たいか?」
「いや、見たくない」

そんなくだらない話を2-3時間してから家に帰った。
走った後は食事もおいしいし、夜はよく眠れる。
久々に体も心もリフレッシュした楽しい一日であった。
来週からは夏時間が始まるので、どんどん走りますよ!

Garmin
※心拍数は誤動作しています。電池交換しなくちゃ。

ロードバイク
距離:25mile
走行時間:2時間24分

マウンテンバイク
距離:6.6mile
走行時間:1時間02分
[PR]

by k_sobue | 2009-03-03 15:56 | 自転車オフロード
2009年 02月 02日

tecnu

カリフォルニアでのマウンテンバイクで気をつけなくてはいけないことの1つにPoison Oakがあります。
そのへんの薮に生えている植物で、肌が触れるとかぶれます。

専門用語では「Toxicodendron diversilobum」というらしい。
Wikipedia : Toxicodendron diversilobum

マウンテンバイクのときは常にFirst Aid Kitを持ち歩いていますが、Poison Oak対策でこの薬を追加しました。

tecnu

BelmontのPassion Trail Bikesで1ドルで売っています。

自分は夏でもアーム&レッグカバーをして肌を露出しないようにしているので、もしPoison Oakの薮に転倒してもましだとは思うけど念のため。
[PR]

by k_sobue | 2009-02-02 17:21 | 自転車オフロード
2009年 02月 02日

雨後のWaterDog

先週末は雨でした。WaterDogを走った後の写真です。

dirt bike

dirt bike

この写真を見て汚いと思った人は正常です。
この写真を見て「楽しそう!」と思った方はマウンテンバイカーとして素質があります。
[PR]

by k_sobue | 2009-02-02 17:07 | 自転車オフロード
2009年 01月 05日

初ライド(マウンテンバイク編)

土曜日は4人でWater Dogへ。
この日はHeatherが初参加。
ロードバイクも走る彼女は結構走れる。

そして、何よりもグループの雰囲気が全然違った。
いつもは遅い人を待つけど、息を整える程度で最後の人が来たらそのまま出発みたいな感じ。
でも、この日は彼女が来ているか確認するためにしょっちゅう止まって、その都度おしゃべり。
「景色がきれいだねー」とか。(雨の後で本当に綺麗だったんだけど)
「スイッチバックを曲がるときのコツはだねー、(以下、省略)」とか。
以前、Nさんと奥さんがずーーっと喋りながら走っていると言っていたAnselが、この日はずーーーっと彼女と喋りながら走っていたのには脱帽しました。

女性の存在って偉大。そして男性って単純明快でよろしいです。
いつもは男性陣のくだらない会話を半分聞き流している(ていうより、英語が聞き取れない)自分も、この日は集中して聞きとろうと努力してみたりして。

前日の雨でトレイルは泥だらけだったにも関わらず、この日は全トレイルを制覇しました。
いつもはクリアできる難所も、この日はタイヤがスリップするまで限界まで漕いで、慌ててペダルを外して足を着くとさらに泥で滑ったりして大変でした。
コンディションによって同じトレイルも変化して楽しい。

3時間に渡って走った後、Heatherと別れ際にまたお喋り。
別れた後の男3人は、Foster Cityまで無言で走って帰ったのでした。

今年もマウンテンバイクがめちゃくちゃ楽しい予感がする。
[PR]

by k_sobue | 2009-01-05 16:10 | 自転車オフロード
2008年 12月 11日

man card

ネタです。

Give me your man card now!
先週末のマウンテンバイクの招集メールで、ある人が「週末は家族とクリスマスの飾り付けをやるから行けない」と返事した際の、親分からのメールに書いてあったフレーズ。
man cardって何だ?と思い、調べてみました。

Urban Dictionary : Man Card

Requirement to be accepted as a respectable member of the male community. Can and should be revoked by other respectable males for doing non-respectable-male things.


要約すると、男社会で認められるためのカードで、男らしくないと判断された場合はカードを剥奪されて村八分ということです。

「クリスマスの飾り付けなんて、マウンテンバイクに行かない理由になってないぞ。カード没収だっ!」って感じでしょうか。

ちなみに、昨日の招集メール。
Today 12/9/08 H20dog at the bottom of the fire trail at 7pm (don't lose your man card)

アメリカでは男はmanlyでなくてはいけません。
だから、寒くても、夜遅くても、雨降っても、英語聞き取れなくても、気合いだけは負けずに頑張るのです。
男社会も意外と大変なのです。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-11 18:53 | 自転車オフロード
2008年 12月 10日

最近はマウンテンバイク三昧

先週の日曜日
SkeggsのLeaf Trailへ。いつもの4人。
根っこや岩がおおく、今までの中では一番テクニカルなコース。
日本のトレイルを思い出した。

火曜日
仕事帰りにWater Dogへ。
親分の都合で集合は7時30分。今までで一番遅い。
集合場所に着くといつものメンバー以外に見知らぬ若者が。
たまたま同じ時間にトレイル入り口に居合わせて、「一緒に走ろう」ということで意気投合したらしい。
名前はMarc。どんどん広がる仲間の輪。楽しい。
More people, more fun.

木曜日
この日も仕事帰りにWater Dogへ。7時集合。
公園内のトレイルを8の字を描くように周回した。
休むと寒いので、休憩なし。
1時間走った後は、汗だくでした。
今回からFoster Cityのメンバーは自走で帰ることに。
ナイトライトを購入したので、帰りの夜道も心配なし。
家に着いたのは9時でした。それから夕食。
とても帰りが遅くなってしまった気がしたけど、日本にいた頃は普通にこのくらいの時間に夕食を食べていたんだよな。

土曜日
Skeggsの日。
ロードバイクのため欠席。

今日
仕事帰りにWater Dogへ。7時集合。
Tomが出張でいないので、Marcが皆に声をかける。
先週仲間になったばかりと思えないほど、すっかり溶け込んでいる。
以前に一度だけ走ったBenとPeteが久々に参加。
走ったのは俺の一番お気に入りのスイッチバックのダウンヒルコース。
いつも走り終えた後に、
「このスイッチバックは何回だ?」
「いつも数えようとするけど、忘れちゃう」
みたいな会話をする。
多分、20回以上連続する。
今日は前に人がいなかったので自分のペースで下れた。
左ターンは気持ちよく回れるけど、右ターンがぎこちないことに気づく。
練習しよう。
帰り道、Ralston Ave.を自宅に向けて走っていたらMarcのチェーンが突然切断。
1リンク短くしてつなげ直すことで応急処置。
コネクトピンは持っていなかったけど、チェーンツールでピンを外すときにピンが抜ける寸前で止めると、再度そのピンを挿入できます。
覚えていて損はない知識。
そんなんで今日も帰宅は9時でした。
奥さんが夕食食べずに待っていた。

明日
そして明日も誘われた。
さすがに2日連続はやりすぎか?
どうしよう。。。(一応、迷ってみる。)

こんな頻度でマウンテンバイク楽しめるなんて本当に最高の環境。
家に帰った後は、興奮が冷めずにいつもニヤニヤしてしまいます。

興味のある方は参加歓迎です。
[PR]

by k_sobue | 2008-12-10 17:27 | 自転車オフロード
2008年 11月 30日

Purisima Redwoods Loop

11月15日(土)はPurisima Trailのハイキングのお誘いがあった。
でも前回同じコースでバテバテだったし、歩くの苦手だし、どうしようかなと悩んでいました。
でも奥さんは参加するという。

どうせ行くならガソリン代がもったいないし、自分も行ってマウンテンバイクしよう!ということで、ハイキングはしないけど同じ時間に行くことにしました。
自分勝手で住みません。。。
同僚のhidekojiさんも誘い、久々のWhittermore Gulch Trailをガンガン下る。
このトレイル、初心者でもスイスイ下れるとても楽しいコース。
ほとんどノンストップで一番したまで到着します。

その後はPurisima Creek Trailをえっちらおっちらと登り返し、SkyLine Blvdまで出て、舗装道路を1マイルほど走って駐車場まで戻ります。
詳しいコースはhidekojiさんのブログで。

この日は3グループくらいのマウンテンバイカーがいましたが、あとからハイキング組
に聞いたところ、Harkins Ridge Trailを登って駐車場まで戻っていたマウンテンバイカーもいたとか。
急坂で厳しそうだけど、単調なPurisimaよりも楽しいかも。

Whittermore Gulch Trailは雨期の間、トレイル保全のためにマウンテンバイクと馬が通れなくなる時期があります。
事前に確認する場合は公園の管理事務所のホームページへ。
Midpeninsula Regional Open Space District
このページの右下にTrail Conditionが載っています。
[PR]

by k_sobue | 2008-11-30 06:30 | 自転車オフロード
2008年 11月 29日

夜間ライド at Water Dog

平日夜の楽しみ。それはマウンテンバイク。
夏は6時30分にBelmontに集合していたけど、日暮れの時間が早くなり、6時集合、5時30分集合とだんだんと集合時刻が早くなっていました。
でも11月になると夕方5時でも真っ暗になり、さすがに平日ライドは今シーズンは終わりかなと思ってちょっと寂しい気分でした。

ところが。
「来週から夜走るからライト用意しろ」という指令が。
ちょっとこの人達おかしいんじゃない?と内心思いつつも、「夜は危ないので私は行きません」なんて優等生っぽい発言をする雰囲気でもなく、私もしょーがなく行くことに。
全然興味なかったけど、しょーがなくね

さて、家に帰ってさっそくライトについて調べる。
「30ドルの通勤用ライトは使い物にならないからね。」と言われていたので、持っていた自転車用ライトはあっさり却下。
SureFireというブランドがよいというのを聞いて帰ったのだけど、どこかで以前聞いた覚えがあるなあと思い奥さんに確認すると、なんと我が家にありました。前職のときにSureFireのライトを使って仕事していたらしい。非IT系の奥さん万歳。

SUREFIRE 6P

この懐中電灯に新しい電池を入れ、ヘルメットの頭頂部にzip tieで固定しました。
SureFire 6P
これなら首を曲げれば自転車の進行方向と関係なく闇を照らせます。

翌週は夜6時30分集合。もう真っ暗。
いつもの4人でいつものトレイルを走り始めます。
でもいつもと全く違う。
ライトが照らす僅かな円部分しか視界がなく、それ以外はまったく見えない。
英語でtunnel visionというらしいです。
ちょっとスピードが出るだけでもスリル満点。

平日の仕事後に闇の公園内を走るなんて、不良の遊びをしている感じ。
ちょっとドキドキ。ちょいわる系。
トレイルの頂上付近から見るFoster City方面の夜景がとても綺麗でした。

ただ問題も発生。
走り始めて40分くらい経って、SureFireの電池が切れてしまった。
カタログ値で電池持続時間が60分と書いてあるけど、会社から公園までのアクセスの15分を入れるとほぼ一致する。
たまたま同じ電池の予備を持っていた仲間から電池を譲り受け、その場はしのげた。

あと、光量が足りなかった。
自宅の部屋で照らすととても明るいライトなので、問題ないだろうと思っていたけれど、実際にトレイルに出ると走行はなんとか可能だけど、他の仲間のライトと比べると明らかに暗い。
カタログ値では65lumens(照明の明かりの単位)だけれど、最低120lumensはあったほうがよいとアドバイスされる。
トレイルの後半で電池が弱くなってからは、200lumensのライトを持っているAnselに後ろから照らしてもらいながら走ったら、とーーーーーっても明るかったです。

ということで、電池の持続時間と光量不足の課題があり、SureFire 6Pではちょっと役不足な結果に終わりました。
後日、6Pのライト部分だけをLEDにアップグレードできるモジュールを教えてもらいました。20ドルで240lumensはいいかも。
Lighthound Cree Drop-In LED Bulb for SureFire and other Flashlights
あとはカメラ用の電池(CR123A)を2個使用するので、毎回入れ替えているとランニングコストがかさんでしまうのが難点。

今回は初めてのナイトライドだったけど、不安とスリルを乗り越えみんな大興奮。
ゴール地点に到達した後、違うコースをもう一回登っておまけライドまでしてしまいました。
もう日暮れなんて関係ない!

このマウンテンバイクの仲間達、自分よりも10歳くらい年上のおじさん達で、なかには高校生の息子がいる人も。
自分も10年後こんな感じで無茶苦茶やっていたいなあと思う、とても尊敬するアメリカのおっさん達です。
[PR]

by k_sobue | 2008-11-29 16:05 | 自転車オフロード
2008年 11月 22日

雨期でウキウキ! Water Dog

注)タイトルはSHIGEさんの作品をアメKoさん経由で無許可で使わせていただいております。

11月2日(日)は自転車部のメンバー総出でMt. Hamilton登坂大会の予定でしたが、雨のため金曜日の時点で止むなく中止になりました。
ついに雨期が到来し、長いオフシーズンの始まりです。

と肩を落としていたら、マウンテンバイク仲間から”ご招待”メールがきた。

Tommy & I are riding at 0900 on Sunday, at Waterdog in Belmont, rain or shine. We'll be on mountain bikes, and I'd like to extend an invitation to you or anyone in your group who'd like to do some trail riding. It promises to be wet & messy - perfect for mtn bikes.


「泥だらけになること間違いなしだけど、マウンテンバイクには完璧」なんて言われたら、断る理由が見つかりません。
すぐに「参加!」の返事をしました。

次の日(土曜日)はずーーっと雨。
翌日のことを考えて、一日中ニヤニヤしてた。

そして、日曜日。
集合地点にはなんと6人も!(いつもは3人くらいなのに)
そして、みんな朝からハイパーテンション。
アメリカ人5人が興奮しながら話すもんだから、まるで英語分かりません。
でもね、その場にいるだけで楽しくてしょうがないんです。

コースは連続スイッチバックの下り坂を、何故かこの日は逆走。
数メートルおきにタイトコーナーを折り返すので難しい。
この日に初参加のメンバーは、常に放送禁止用語を叫びながら登っていました。

Water Dog after rain

いつもの難しい箇所は雨後はいっそう難しい。
Water Dog after rain

water dog

走り終えた後は自転車も幸せそう。
Water Dog after rain
[PR]

by k_sobue | 2008-11-22 18:34 | 自転車オフロード
2008年 11月 22日

skegg

しばらく忙しくて、ブログ更新をさぼっていました。
でも自転車は乗ってます。
最近はマウンテンバイクのほうが多くなってきました。

10月25日(土)。Skeggへ。
毎週木曜の定例ライドのたびにTomがお薦めしていたトレイル。
前日夜に招集命令の電話がかかり、「Yes, coming.」と即答。

出発地点はSkyLine BlvdのCA-84とCA-92の間の区間にあるSkeggs Point 展望台駐車場
注意*CA-92から来る場合は左折禁止で駐車場に入れません。一旦行き過ぎて次のturnoutでUターンします。
朝9時30分、駐車場は出発準備のハイカーとマウンテンバイカーで埋まっていました。

Skyline Blvdの南に広がるEl Corte Madera Open Spaceという公園内にトレイルが縦横無尽に走っています。
公園名が長いので、通称Skeggsと呼ばれています。

今回我々が下ったのはEl Corte de Madera Creek Trail。
skeggs

道幅は十分にあるけど、岩がごつごつでハードテイルのバイクにはちょっと厳しかった。
見通しの良い下り坂を高速に走るときに、一緒に行った2人には敵わなくなる。
彼らのバイクがフルサスであることも大きいと思うが、体重が重い彼らのほうがタイヤのグリップ力も効いているような気もする。あくまで想像だけど。

400ftほど下ったあとはStar Hill RdからSwett Rdを通って出発地点まで戻ります。
午前中にこれだけ遊んで昼ご飯は家で食べられるんだから、やはりマウンテンバイカーにとって最高の環境。

skeggs


参考リンク
MTBR : Skeggs Point
Passion Trail Bikes : Ride Recommendations - ECdM or "Skeggs"
大きな地図あり
[PR]

by k_sobue | 2008-11-22 17:36 | 自転車オフロード