シリコンバレー自転車生活

svbl.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 2 )


2009年 03月 27日

Foster Cityの土手

もう一年以上も自転車で通勤しています。
通勤路の半分以上は自転車道なので車の心配も無く非常に快適。

ロードバイクで通勤するときは右側の舗装されている部分を走ります。
Bay Trail

マウンテンバイクで通勤するときは左側の土手を走ります。
30cmくらい盛土になっていて見晴らしもよいし、細くてテクニカルなのでマウンテンバイクの練習に最適。
Bay Trail

その昔、サンフランシスコ湾の水位が上昇したときにFoster City側に海水が流れ込んできたことがあり、それをきっかけに土を盛ったらしいです。
Foster City生まれ、Foster City育ちのMarcに教えてもらいました。
どのくらい昔の話なのか、どのくらい水没したのかは聞くのを忘れました。
ちなみに、土手のことは英語でleveeと言うそうです。

Foster Cityが地盤沈下しているのか?、それとも単に設計ミスで高さが足りなかったのか?、とか考えながら今日も通勤しています。
[PR]

by k_sobue | 2009-03-27 16:05
2009年 03月 06日

意外なところで3RENSHO

アメリカの宅配便は日本のように配達時間の指定ができません。
再発のときに電話で頼んだとしても、「じゃあ午後に行く」とかで時間帯が大雑把すぎるし、約束しても来ないこともしばしば。
そのためか、Amazonとかの荷物はみんな会社に送ります。
会社のメールサービスが宅配業者から荷物を一括で受け取ってくれて、それを部屋まで届けてくれます。
いつくるか分からない宅配便の受け取りのために社員が家で待っていたら仕事に支障が出てしまいますから、これはとても便利なサービスです。
みんな車通勤だから大きい荷物も全然平気だし。

今日もメールサービスの兄ちゃんがやってきて、受け取りのサインをして荷物を受け取ったのですが、去り際に部屋に置いてある通勤自転車を見て一言。
「3RENSHO Bike! Good bike!」と言って去っていきました。
スリーレンショーじゃなくて、ちゃんとサンレンショーと発音していたよ。
おおーっ、こんなところに3RENSHOを知っている自転車マニアが!とちょっと嬉しかったです。

言いたかったのはこのことで、前半の宅配便の説明は前置きなのでした(笑)。

3RENSHO
3RENSHOのロードバイクとマウンテンバイク。

3RENSHO
もちろん漢字では「三連勝」。
競輪が3日連続で開催されることにちなんで命名されたブランド名です。

トラック競技やピストなどを中心に人気が高かったのですが、オーナーの今野さんが体調を崩されてから3RENSHOブランドは無くなってしまいました。
アメリカでも昔はオリンピック選手が3RENSHOを使用していたので、自転車屋の人などは結構知っています。
そして、ちゃんとサンレンショーと発音するところが聞きかじりの知識じゃない証拠。

アメリカで3RENSHOを知っている人に会うとなんだか嬉しい。

轍屋
Classic Rendezvous
Yellow Jersey Ltd
[PR]

by k_sobue | 2009-03-06 17:43